大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

 

1.これぞ王道!久留米ラーメンの魅力に迫る!

左からトモエ、編集部E

今回、やってきたのは国道10号にある『大砲ラーメン 別府海岸通り店』。3年前にリニューアルし、仕事の合間にサックと立ち寄ったり、家族連れでも入りやすいと平日・週末問わず店内が賑わう人気店だ。今回は、久留米ラーメンの魅力をたっぷり堪能していこう。

カウンター、テーブル、座敷とあるので1人でも家族でも立ち寄りやすい

「ラーメン」770円や「昔ラーメン」など王道メニューがズラリ

『大砲ラーメン』は昭和28年に福岡県久留米市に小さな屋台として誕生した“久留米ラーメン“の先駆けとなったお店。歴史あるお店のラーメンはやはりファンが多く、アイドルタイムでもお客さんがひっきりなしに出入りしていました。早速ラーメンを味わっていきましょう!

2.『大砲ラーメン』といえばやっぱり「昔ラーメン」でしょ!

じゃじゃーん!「昔ラーメン」820円。ここのラーメン、豚骨でこってりなのに胃もたれしない!

まずは、王道「昔ラーメン」を編集部Eがいただきます!

スープに入っているカリカリ(豚脂)がポイント

麺にもしっかりスープが絡んでいて幸せ~

普段から『大砲ラーメン』のラーメンが好きだという編集部E。久留米にある本店が創業当時から一度も釜を空にすることなく継ぎ足している“呼び戻しスープ”は、うまみがあって脂っぽくないのでサラッと食べられる。そ、し、て、大事なのはスープに浮いている豚脂の揚げ玉、通称カリカリ。これがあることによって香ばしさとコクが増し、うまみをより感じることができます。

編集部E

やっぱり『大砲ラーメン』はおいしい~。豚骨だけどクセがなくて、あっという間にペロッと食べちゃいました!カリカリもやっぱり必要不可欠ですね。カリカリッとした食感も楽しい。お店も広いしアクセスもしやすいっていうのも嬉しいです。

3.スープと麺、トロトロのチャーシューの相性抜群!「昔チャーシューメン」

今日もお腹ペコペコのトモエ~

トモエがいただくのはチャーシューがたっぷりのったその名も「昔チャーシューメン」!

「昔チャーシューメン」970円

バラ肉のチャーシューは特製のタレに漬け込んだ後ローストされていている。薄くスライスされているので、一口食べるとトロっと柔らかい。「昔ラーメン」と同じく、カリカリが浮いたラーメンのスープに、自家製造したストレートの中細麺、チャーシューも麺に絡ませながら一緒に口に運ぶのがオススメだ。

アツアツのラーメンを啜るトモエ

チャーシューがたくさんのってて幸せ~

今回はトモエの旦那・みっちゃんが給水係としてサポート

トモエ
いつもは「ラーメン」を食べているけど、今回初めて「昔チャーシューメン」に挑戦しました。豚骨スープとチャーシューの油のバランスが良くて、重すぎない!これなら何倍でも食べられちゃう。カリカリも香ばしくておいしかった~♡

4.欲張りさんはサイドメニューも欠かせない!

おいしそう~とおにぎりまでいただいちゃいました!

ラーメンにはご飯がセットでしょ!ということで、欲張りさんのトモエはサイドメニューもオーダー。「ぎょうざ・おにぎりセット」を注文。

「ぎょうざ・おにぎりセット」260円

オリジナル「ひとくち筑後ギョーザ」は、ミニサイズでジューシー。ラーメンと一緒に食べるのにぴったりのサイズだ。おにぎりはご飯にも変更できるので、ラーメンと一緒にサイドメニューもぜひ注文してみて。

6.寒い冬は『大砲ラーメン』の“呼び戻しスープ”で乗り切ろう

笑顔が素敵なスタッフの後藤さん

お店で迎えてくれたのはスタッフの後藤桃太郎(じょうたろう)さん。「歴史あるスープを今も受け継ぎながら大分の人たちにも楽しんでほしいです。」と笑顔で話す“ラーメン男子”!まだまだ寒い日は続きそうだが、美味しいラーメンと彼の笑顔で心も体もぽかぽかになりそうだ。大分には別府海岸通り店の他に大分店もあるので、近くで『大砲ラーメン』の味を楽しんでみては?

大砲ラーメン 別府海岸通り店
住所:別府市浜町3−27
電話:0977-25-7171
営業時間:11:00~22:00※月曜は~15:00
定休日:木曜
駐車場:共有P利用
HP:https://www.taiho.net/index.html

<キーワード>
大分/別府市/大分市/ランチ/ラーメン/ラーメン女子/ランチ/大盛り/ギョーザ/呼び戻しスープ/豚骨/ドライブ/連載

おすすめトピックス

ページのトップへ