大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

週の始まりの月曜日からようやくここまでたどり着いた…!そう、今日は華の金曜日。家に帰ったら堅苦しいスーツからラフなスウェットに着替えて、冷蔵庫からキンキンに冷えた缶ビールの蓋をプシュッ。ゴクゴク…プハーーー!!!この一連の流れがたまらないんだよなぁ。さあ、今日の“お家華金”の一品は、切って炒めるだけの楽ちんレシピで決まり!

【本日の酒のつまみ一品】粒マスタードが決め手の「和風ジャーマンポテト」

濃すぎず薄すぎず、味のバランスがちょうど良い「和風ジャーマンポテト」。濃い味のアテもいいけど、健康も意識したい今日この頃

「和風ジャーマンポテト」(調理時間:15分程度)
<材料(4人分)>
・じゃがいも・・・・・200g

・こごみ(菜の花、ブロッコリーで代用可能)・・・・・2

・ベーコン(スライス)・・・・・2

・サラダ油・・・・・小さじ1

・和風だしの素(かつお)・・・・・小さじ1/2

・粒マスタード・・・・・小さじ1

・塩・・・・少々

\教えてくれるのは…お酒が大好きな料理講師の緒方さん/

料理教室『T’s KITCHEN』の講師・緒方智子(おがたともこ)さん

【作り方】

1. じゃがいもは皮をむき、厚さ2~3mmのいちょう切りにして、水にさらし(5分程度)、水気を切る。

<POINT>
・厚く切ると、炒める時に火が通りにくくなるので注意。逆に薄すぎてもくずれやすくなるので×
・多少水を含んでいた方が炒めた時に水分が抜けきらずホクホクした食感になるので、水切りは簡単に

2.こごみは根本を切って、食べやすい大きさ(2~3等分)に切る。※菜の花で代用する場合は半分、ブロッコリーの場合は下茹でをせず、火が通りやすいように小房に切る。

3.ベーコンは幅1cmに切る

\後は炒めるだけで出来上がり!!/

4.フライパンにサラダ油を熱し、ベーコンを入れる

<POINT>
ベーコンはじっくり焼きつけた方が、旨みがでやすいので、弱火と中火の間くらいで3分以上じっくり焼き付ける(いい香り…)

6.じゃがいも、こごみを入れ、じゃがいもが透き通ってくるくらいまで中火で5分ほど炒める(シャキッと食感が残るくらい!)

7.和風だしの素、粒マスタードを加えてからめるように炒め、最後は塩で味を調えて完成!

じゃがいものシャキッと食感とこごみの歯ごたえがたまらんです

<POINT>

盛り付ける時は、彩りを意識して真ん中を高くなるように盛ってあげるとオシャ見え!

 

酒のつまみがあっという間に完成しました!さあ、早速ビールを開けて一緒に、「かんぱ~~い!!」。みなさん、今日も一日お疲れさまでした。

 

T’s Kitchen ~cooking café~(ティーズキッチン クッキングカフェ)
住所:大分市市464
電話:080-3987-5415※完全予約制
営業時間:10:30~、13:30~、18:30~
定休日:火曜
駐車場:5台
HP:https://www.tskitchen.info/
<キーワード>
大分/大分教室/料理教室/お酒/おつまみ/華金/簡単レシピ/家飲み/ひとり飲み/一品料理/連載

おすすめトピックス

ページのトップへ