大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

別府市餅ヶ浜に店を構える、『別府バル 肉は別腹』にやってきました。

『豊後ラーメン 一刀竜』、『パン工房 グルマン』と同じ並び

“おなかいっぱいでも食べられちゃうお肉料理”をコンセプトに、ハンバーグやステーキ、ローストビーフといったお肉料理や、お酒に合う一品メニューを提供してくれる、肉好きにはたまらないお店です。

ちなみに、店内はこんな雰囲気▼

レンガの壁紙が印象的な、木のぬくもりを感じる赤を基調とした店内

ゆったり腰かけられるテーブル席

カウンターは、おひとりさまや常連さんの特等席

おひとりさまからカップル、グループ利用も可能なコンパクトな空間が広がり、黒板や壁には、牛をモチーフとしたイラストが描かれていました。この空間に浸っていると、肉欲が加速しちゃってヤバいんですけどぉ~…!

モォ~、ガマンできん! 肉・肉・ニクぅぅ~~

というわけで、早速ランチ選び(はよ、はよっ)!

ランチタイムの一番人気は、「肉は別腹ハンバーグ」。最近は、裏メニューとして登場する「レアステーキ丼(数量限定)」も人気とのこと。その他にもメニューが充実していて、う~ん、う~ん、と牛を産み落としそうな勢いで悩んでいたら、「つい最近、販売をスタートしたばかりの“ハンバーガー”を食べてみますか? 常連さんに食べてもらったんですが、とても好評でした!」とオーナーから天の声が。

ランチメニュー(一部)※「別腹ハンバーガー」は、取材時は未掲載

な、なんですとぉ~!? ハンバーグが人気のお店が作るハンバーガー…うまくないハズがないじゃない!!「じゃ、それで!」というわけで、新作の「別腹ハンバーガー」のダブルと、「肉は別腹ハンバーグととり天」のコンビランチを注文しました。

ハンバーグ×とり天…肉の最強コンビや~~

厨房からジュージューと良い音とともに、いいニオイが香ってきて、食欲がかきたてられます。どんな2品が出てくるか、ドキドキ…。すると、お待ちかねのランチが目の前に運ばれてきました。

まずはこちらから▼

「別腹ハンバーガー(ダブル)」1580円+税 ※ソフトドリンク・ポテト付き

ハンバーガーの、タワーマンションやぁぁ~~!

高さ15cmはあろうかという巨大なハンバーガーを前に、アドレナリンが出まくり(これって、いわゆるバーガーズハイ?)。2cmほどの厚みがある、豊後牛入りのパティが2つ挟まれており、その上にはとろけるチェダーチーズがたっぷり。焼き目のついたふわふわのバンズをギュ~ッと押すと、肉汁がじゅわ~っと溢れ出てきます。

見るからにジューシーでテンション上がる&インスタ映え!

一口でガブリといこうか迷いましたが、一応レディーなのでやっぱりここはフォークとナイフで♡ 大きめにカットして口に運ぶと、特製ソースと肉汁が口の中いっぱいに広がり、溺れちゃいそう…! 粗挽きなので肉感たっぷりで、食べごたえも満点です。パティとバンズの間には、レタス・トマト・エッグ・マスタードソース・特製ソースが何層にも重なっていて、カットする度にいろんな味わいが楽しめます。

ちなみに、このパティの旨み、ジューシーさの秘密。それは、“低温で蒸す”作業にあるそうです。まずはしっかりと焼き目をつけて旨みを閉じ込めてから、じっくりと低温で蒸す。そうすることでふっくらと仕上がり、肉本来のおいしさはそのままに、溢れる肉汁やジューシー感が楽しめるのだとか。

これまた大きめにカットされたポテトを時折、口の中に放り込みながら、ダイナミックに食べ進める至福のひととき。めちゃめちゃボリューミーなのに、気付けばペロリと完食していました。ものすごくお腹いっぱいなのにまだイケるかも、私…ん!?これぞ、肉は別腹現象!?

わーん、まさしく店名の通り! オーナーの計算どおり!“肉は別腹”って、こういう感覚なんやぁぁ!!と、勝手に盛り上がっていたら、別の料理が運ばれてきました(そういえば、もう1品頼んでたんだった)

2品目が、こちら▼

「肉は別腹ハンバーグととり天(コンビランチ)」1600円+税 ※サラダorスープ、ライスは大・中・小から選択OK

肉界最強の…名物兄弟や~~~!!

人気NO.1という“お店の名物ハンバーグ”と、人気NO.2という“別府名物のとり天”がセットになった、名物づくしの無敵ランチ。ハンバーグはたっぷり180gもあるし、大ぶりのとり天は合計7個も入っているし、ボリューム感がハンパない。

和風ベースの特製ソースをかけてからハンバーグをいただきましたが、これがまた美味しくって! ハンバーガーと使用している特製ソースはほぼ変わらないそうですが、まったく違う印象&味わいに驚きました。

特製ソースをたっぷりかけて食べるのがオススメ

ハンバーガーの時は、とろみと甘みが感じられて一瞬、洋風ソースかしら?と思うほど。ですが、ハンバーグの時はさっぱりとしていて、タマネギなどの風味がより楽しめます。ハンバーガーに使っているパティと同じく豊後牛入りの粗挽きハンバーグで、肉感たっぷり、肉汁じゅわ~っ。肉欲が満たされていくのを感じます。

とり天は、ニンニクや醤油が程よく効いていて、とっても柔らか。自宅のテーブルの上に置かれていたら、テレビを見ながらエンドレスでつまみ食いしてしまいそうなやみつきの味わいです。こちらもキレイに完食してしまいました。

見るだけでテンションの上がる、とり天タワー

今回ここのランチを食べて思ったのが、どれも“後を引く味わい”ってこと。美味しいだけじゃなくて、まだ食べたい、もっと食べたいって思わせる料理。これを体現した言葉こそが、“肉は別腹”なのではないでしょうか。オーナーの味への探究心とこだわりが、ギュッと凝縮された素敵な店名ですね!

ちなみに夜は、「肉は別腹盛り」が一番人気だそうです。ハンバーグ・USサーロインステーキ・レアローストビーフ・合鴨・ソーセージ盛りが豪快に盛られた、オーナー渾身の一皿。

「肉は別腹盛り」3480円+税

ワインやビールなどのアルコール類も充実していて、「樽ワイン飲み放題」60分1000円(延長30分/+500円、2名以上)などもあるので、週末はお肉料理を酒の肴に、美味しいお酒を楽しんじゃいましょう!

カウンター越しにオーナーやスタッフさんと談笑しながら飲むのも楽しそう!

おなかイッパイなのに、もっともっと…と欲してしまう、魅惑の肉料理が揃う『肉は別腹』。みなさんもダマされたと思って、まずはランチで! “肉は別腹現象”を体感してみてくださいね。

テイクアウトメニューも充実していました

別府バル 肉は別腹
住所:別府市餅ヶ浜町1-16
電話:0977-24-9529
営業時間:11:30~15:00(LO14:30)、18:00~LO23:00
定休日:不定
駐車場:2台 ※夜は台数が増えます(要問い合わせ)
HP:https://www.instagram.com/nikuhabetubara/
<キーワード>
別府市バル/別府酒場/酒場ランチ/肉/肉バル/お酒

おすすめトピックス

ページのトップへ