大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

① 洋食屋の味わいをそのままに。人気のチキン南蛮を手軽に味わっちゃおう/手作り弁当 南蛮亭(なんばんてい)大分市片島

かつて大分市内で洋食屋さんを営んでいたオーナーが腕を振るう『手作り弁当 南蛮亭』。

『大分こども病院』のななめ向かいにあるお店

次から次へとお客さんが来ていたよ

お店の看板メニューは、店名にもなっている“チキン南蛮”! これは食べとかないとね~。ということで、お目当てのチキン南蛮もエントリーされている、9種類のメインの中から2品選べる「2品盛り合わせ弁当」にすることにしたよ。チキン南蛮ともうひとつは…迷いに迷って、とり天に決定!

好きなものが2品選べるうれしい内容

手作りのタルタルソースがたっぷりかかったチキン南蛮は、さっぱりとした甘酢だれが風味を引き立て、ジューシーな味わい。お店の看板メニューなだけあって、「2品盛り合わせ弁当」ではみんな外せないメニューなんだとか。

「2品盛り合わせ弁当(チキン南蛮・とり天)」680円

ニンニクなどが入った醤油だれで下味をつけているというとり天は、そのまま食べてもご飯が進む味わい。一緒に入っている自家製の土佐酢をかけて食べてみると、柔らかな酸味とともに出汁の良い香りが口いっぱいに広がったよ。パンチのある味わいと上品な味わい、2つの味が楽しめたつぶ~♪

柔らかなもも肉を使用した昔懐かしい味わい

お弁当のご飯は、+30円で大盛り、+50円で特盛りにもできるんだって。盛りだくさんのお肉とご飯で、お腹がしっかり満たされるね。
チキン南蛮や唐揚げ、エビフライ、ハンバーグが入った「おかずセット」(2〜3人前)1300円~やオードブルもあるみたいだよ。夜ご飯のお助けメニューや大人数で集まる時のパーティーメニューとして、洋食屋さんの美味しさが手軽に味わえる手作り弁当をぜひ利用してみてね。ふふ~ん♪

店名にもなっている、名物のチキン南蛮を食べてみて!

手作り弁当 南蛮亭(なんばんてい)
住所:大分市片島1-7 コーポツルハ1F
電話:097-569-7846
営業時間:9:30~13:30、17:00~20:30
定休日:なし
駐車場:4台
HP:http://nanbantei-sayama.com/

② 下味が美味しさの秘訣!人気の塩からあげ×チキン南蛮のミックス弁当に舌鼓/Noson ダイニンgu(ノウソンダイニング)大分市片島

『大分こども病院』の並びにある『Noson ダイニンgu 大分』にやってきたよ。1軒目に行った『南蛮亭』のほぼお向かいにあって、この道を通るたびに気になっていたお店。つぶお初潜入〜!

いろんな野菜が描かれたポップな外観

このお弁当屋さんは、豊後大野市出身のご夫婦が営んでいるんだって。豊後大野市って農村地帯だから、この店名にしたのかな? ユニークな店名のお弁当、ますます気になる~♪
入り口にある券売機で券を購入してから、カウンターで注文するシステムだよ。

電子マネー(PayPay)を利用する際は、スタッフさんに声を掛けてね

揚げ物やお肉、魚、惣菜などが入った「きまぐれ弁当」550円をはじめ、「ホルモン弁当」690円や「ニラ豚弁当」590円など、ご飯が進むこと間違いなしの魅力的なメニューがそろっているよ。

おかずだけでも購入できるみたい

人気No.1の塩からあげも食べてみたいし、大好きなチキン南蛮も外せない…ということで、 “やみつきメニュー”にあった、メインが2種類選べる「ミックス弁当」550円に決定!
からあげ・チキン南蛮・とり天の中から、からあげとチキン南蛮をチョイスしたぞ~。

塩からあげは量り売りもしているよ

蓋を開けるとチキン南蛮と塩からあげが仲良く並んでいたよ。国産若鶏を使用した塩からあげは、旨味が凝縮されたジューシーな味わい。野菜からとった特製ダシを下味にしているんだって。手作りのタルタルソースと甘酢が相性抜群のチキン南蛮は、びっしりと下に敷き詰められた千切りキャベツと一緒にもりもり食べられちゃうよ。野菜もたくさん摂れて嬉しいつぶ〜♪

「ミックス弁当(からあげ・チキン南蛮)」550円

別容器に入ったご飯もボリューム満点だったけど、このやみつきメニューは、ご飯大盛り(+100円)だけでなく、おかず大盛り(+150円)やご飯・おかず両方大盛り(+250円)も選べるので、お腹のすき具合に合わせてチョイスしてみてね。

鶏肉好きにはたまんないお弁当だよ~!

オトクだし、オイシイし、大満足だつぶ~…あっ! もしや、『Noson ダイニンgu 大分』のNosonって、No 損(損はさせません)って意味もあったりして!? なんか今日ボク冴えてるかも~。今度、オーナーご夫妻に店名の由来を聞いてみよぉっと。ふふ~ん♪

Noson ダイニンgu(ノウソンダイニング)
住所:大分市片島73-1 小野ビル1F
電話:080-8351-9441(予約専用電話)
営業時間:10:00~14:00、17:00~20:00
定休日:不定
駐車場:3台※店前の歩道にはみ出ないよう注意

③ 変わらぬ味とボリュームが人気の秘密! お母さんの想いが詰まったお弁当/お弁当のさくら(大分市片島)

『ローソン大分片島店』の斜め向かいにある“ほかほか弁当 片島”と書かれた歴史を感じる佇まいのお店、『お弁当のさくら』にやってきたよ。

小さなお店なので、見落とさないよう気を付けて!

注文口から覗いてみると、元気なお母さんがせっせとお弁当を作っていたよ。種類が豊富なメニューはどれもリーズナブル! 約20年もの間、価格据え置きで変わらぬ味のお弁当を提供しているんだって。自家製の甘酢とマヨネーズの相性が抜群の『とりマヨ弁当』が人気と教えてもらったけれど、チーズハンバーグ・コロッケ・目玉焼き・とり天が一度に楽しめる『スペシャル弁当』に惹かれたボク。お母さんお味をいろいろと食べてみたいから、今回は、この『スペシャル弁当』を注文することにしたよ。

常連さんが作ってくれたというメニュー表

お母さんが「それ食べて待ってて〜」と、カウンターに置いてある鶏皮の唐揚げをおすすめしてくれたよ。カリッと香ばしく揚がった唐揚げ、お酒のおつまみにもぴったりだから、一緒に買って帰りたいくらい。それを待っている間につまみ食いできるなんて、嬉しいつぶ〜♪

あればラッキー! ちょこっとつまめる鶏皮の唐揚げ

蓋を開けてびっくり! ずっしりと重みのあるお弁当は、ご飯が隠れるほどメインのおかずでいっぱい。大きなチーズハンバーグは、甘めのデミグラスソースがたっぷりで、目玉焼きにも絡ませながらいただきまーす!

「スペシャル弁当」530円

ご飯を覆っているコロコロと小さめにカットされたとり天は、生姜が効いたしっかりめの味わい。付属のとり天スープ(ポン酢)をかけなくてもご飯が進む~。

お母さんの愛情のように、溢れんばかりのおかずが…!

大ぶりのコロッケは柔らかな食感で、ジャガイモとひき肉がたっぷり! お母さんの愛情がたくさん詰まったボリューミーなお弁当に、お腹も心も満たされたつぶ♪

手作り感あふれる優しい味わい

朝7時半頃から営業している『お弁当のさくら』。常連さんの胃袋を満たす朝食やお昼ご飯にもってこいのお弁当は、材料がなくなり次第終了とのこと。混み合う時には12時半くらいには閉店することもあるんだって! 早い時間に買いに行くか、電話での予約がオススメだつぶ。明るくて優しいお母さんの人柄も素敵だから、是非会いに行ってみて~。

お弁当のさくら
住所:大分市片島391-1
電話:097-567-1113
営業時間:7:30~12:30※なくなり次第終了
定休日:土・日曜、祝日
駐車場:なし

おすすめトピックス

ページのトップへ