大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

① 子どもから大人までみんなが楽しめる! 12月にオープンしたカフェ仕込みの愛され弁当/お弁当のMOGUMAMA(モグママ)/大分市中津留

由布院のカフェで腕を振るっていたという店主が営むお弁当屋さんが、大分市中津留に12月2日(月)にオープンしたと聞いてやってきたよ。ロッジのような可愛い外観がひと際目を引くお弁当屋さん。その名も『お弁当のMOGU NAMA(モグママ)』。

『健美館』前に佇む、ロッジ風のお店。かわいい看板が目印だよ!

手作りにこだわっているお弁当は、安心院の美味しいお米を使用しているんだって。お店の人気メニューは「オムライス」。バターたっぷりだから卵はとろふわで、早くも多くのお客さんのハートをキャッチしているよ。以前ココで営業していた唐揚げ屋さんの店主から直々にレシピを引き継いだという「唐揚げ弁当」も発見!

ワンコイン弁当もあって迷っちゃう

定番のものからカフェのようなお弁当メニューまで種類豊富にラインナップされていて、とても迷うつぶ〜。ちょっと変わったテイストのお弁当を食べてみたかったので、今回は「日替わり弁当」のガパオライスを注文してみたよ。

日替わりの内容は、店頭とインスタグラムでチェック!

できたてホカホカのお弁当は、ズッシリとした重み。+100円で大盛りにもできたみたいだけど、お茶碗一杯以上はありそうなご飯の量にビックリだつぶ。すべてのお弁当にスープが付いてて、大満足のボリューム感。ふふっ♪

『日替わり弁当(スープ付き)』600円

ツヤツヤの目玉焼きをスプーンで崩しながら、ご飯と具材をよく混ぜ混ぜしていただきまーす!

とろとろのまろやかな黄身が色鮮やか~

たっぷりの挽き肉には赤・黄色・緑のカラーピーマンの他に、キャベツや玉ねぎもザクザク入っていて食べごたえ満点。独特なクセのある香りや辛さはなくて、目玉焼きの黄身がさらに口当たりをまろやかにしてくれるよ。お肉の旨味とスパイシーな香りが引き立ち、老若男女問わず食べやすい味わい。付属のソースを少しかけてみるとパンチのある風味が加わって、ますますご飯が止まらなくなっちゃうつぶ〜。

添えられた野菜もぜーんぶ混ぜると、いろんな食感が楽しめるよ

スープもその日によって違う内容が楽しめるそう

いろんなテイストのお弁当があるので、毎日食べても飽きがこなさそう。今度は人気の「オムライス」を食べてみたいなぁ。日替わり弁当の内容は、インスタグラムでお知らせされるのでチェックしてみてね。注文個数が多い時は、事前予約しておくとスムーズだよ。
カフェ要素を取り込んだ可愛いお弁当屋さん、ぜひ立ち寄ってみて。

店主が好きな『KEY COFFEE』のコーヒーもテイクアウトできるよ

お弁当のMOGUMAMA(モグママ)
住所:大分市中津留1-1-18 健美館1F
電話:097-552-1717
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:木・日曜
駐車場:共有P利用
HP:https://www.instagram.com/mogumama2019.12/

② お弁当はすべて日替わり! 栄養バランスがうれしい毎日楽しみなお弁当/ONEPLATE(ワンプレート)/大分市花津留

大分市花津留にある『ONEPLATE(ワンプレート)』にやってきたつぶ。12月1日(日)で4周年を迎えた、飽きのこない、体がよろこぶ“自然派弁当”が人気のお店だよ。

国道197号沿いにあるお弁当屋さん

大きな窓から光が差し込む店内は、カウンターのみのシンプルな造り。ここで販売されているお弁当は「日替わりプレート」550円と「日替わりミックスプレート」600円、「ミックス9マスプレート」650円、「日替わりローカーボ」650円の全部で4種類。

店内は清潔感のあるシンプルな造り

店頭には「日替わりプレート」と主菜が2種の「日替わりミックスプレート」が並んでいたよ。「ミックス9マスプレート」と「日替わりローカーボ」は要予約なので、前もって電話予約してから受け取りに行ってね。

注文後にあたたかいご飯を詰めてくれるよ

お弁当は白米か黒米から選べるようになっていたので、「日替わりプレート」の黒米でお願いすることにしたよ。黒米って見た目が一気に華やかになる感じがするよね。ふふ~ん♪

「日替わりプレート」550円

この日のメインは鶏ササミのタルタル南蛮。しっとり柔らかなササミのフライに大好きなタルタルソースがかかっていて、大満足な一品だつぶ。副菜の高野豆腐や里芋のうま煮もダシがジュワッと染み込んでいて、ご飯が進む味わい。

大葉とチーズが挟まったささみのフライ

副菜はメニューに書いていないものも入っていて、いろんなおかずがちょっとずつ楽しめるのも嬉しいよね。店主の奥さんの出身地である豊後大野市の白米(ひのひかり)を使ったご飯も人気の秘密。黒米は健康にも良いから、店頭で販売している黒米を購入する人もいるんだって。+50円でご飯の大盛りもできるようなので、次回は大盛りに決定だーい!

ブロッコリーとサツマイモのマヨネーズ和えやペンネの副菜も

毎日のお弁当の内容は、ホームページの“本日のお品書き”で確認できるようになっているよ。店頭には1か月分のメニュー表が置いてあるから、日替わりの内容を毎日チェックするのが楽しくなりそうだよね。

「のり弁当」などのご飯の上にいろいろのったお弁当が人気なんだって

体のことが考えられた充実した内容が楽しめる『ONEPLATE』は、毎日通いたくなるお弁当屋さん。家族や学校行事、会議やセミナーなどで利用したい特注弁当も注文可能なので、予算や内容など気軽に相談してみてね。

「日替わりプレート」も人気のため、予定があるときは事前予約がオススメ

ONEPLATE(ワンプレート)
住所:大分市花津留1-2-2 ユナイテッド花津留102
電話:097-574-8108
営業時間:11:00~14:00※なくなり次第終了
定休日:土・日曜、祝日※事前予約はお問い合わせください
駐車場:なし
HP:https://oneplate.storeinfo.jp/

③ 手作りにこだわるサンドイッチ専門店が誕生! ふわふわしっとり優しさあふれる味わいを楽しもう/手づくりサンドイッチ もふもふきっちん/大分市東津留

最後にハントに向かったのは、大分市東津留に12月1日(日)にオープンした『手づくりサンドイッチ もふもふきっちん』。大分市日吉町にある『ベイクキッチン』で、約15年間パン作りを経験してきた店主が開いたサンドイッチ屋さんだよ。

可愛い看板は、パンダのコックさんが目印

イートインもできる店内には、店主が好きなネコやパンダの写真などが飾られていて、アットホームな癒しの空間が広がっているよ。ネコやパンダのふわふわとしたイメージで“もふもふ”が店名になったんだって。

カウンター席では店主とおしゃべりも楽しめちゃう

スッキリとした明るい店内

オープンショーケースには、いろんなサンドイッチやハンバーガーが並んでいて、彩り豊かな断面のサンドイッチは見ているだけでもワクワクしちゃう。

サンドイッチやバーガー・ドッグ系と種類が豊富

コロコロと四角いサイズにカットされた「たまごサンド」や「フルーツサンド」は、女性でも食べやすいようにと店主の優しさが詰まった一品。

食べやすいサイズ感が女性に人気なんだって

バーガー・ドッグ系のパンは店主手作りだよ

たくさんの種類に迷いながらも、カツサンドとたまごサンドが入っている「もふもふスペシャルサンド」と、イチゴが可愛い「フルーツサンド」をTKOすることにしたよ。

その日によって違う種類も店頭に並ぶそう

蓋を開けるとふんわりと小麦の良い香り。『ベイクキッチン』の食パンを使ったサンドイッチの中身は、すべて手作り。食パンの耳でパン粉から手作りしているから、トンカツやエビフライなどの揚げ物は冷めても柔らかい食感が楽しめるんだそう。

(手前)「もふもふスペシャルサンド」450円、(奥)「フルーツサンド」300円

カツサンドはふんわりと柔らかくて、お肉の凝縮した旨味が口の中に広がるよ。タルタルなどのソース類も自家製だから、どこか懐かしく優しい味わい。シャキシャキと新鮮な野菜が挟まっている野菜サンドや旨味たっぷりのふわふわたまごサンド、このボックスで4種類も味わえちゃうのがお得だつぶ~♪

「もふもふスペシャルサンド」の内容は日替わりだよ

スイーツ感覚で選んだ「フルーツサンド」。この日は大きなイチゴとミカン、パイナップルが一緒になった甘ずっぱ~い一品。たっぷりの生クリームとサンドされていて、食べ応えはあるけれどペロリと完食しちゃった。ふふ~ん♪

小ぶりだけど分厚くてボリューミー!

どれもリーズナブルに楽しめちゃうサンドイッチやバーガーの数々。朝早くから営業しているので、仕事前に立ち寄れるのも魅力的。少し小腹がすいた時にも利用しやすそうだけど、店頭分がなくなり次第終了だから早めの時間に品定めしに行ってみてね。

手づくりサンドイッチ もふもふきっちん
住所:大分市東津留2-1-28
電話:097-585-5985
営業時間:7:00~14:00、(土・日曜)7:00~16:00※なくなり次第終了
定休日:不定
駐車場:2台
<キーワード>
STAYHOME大分/ステイホーム/おうち時間/おうちでそとごはん/弁当/テイクアウト/オードブル

おすすめトピックス

ページのトップへ