大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

① 新店に突入! 販売を再開した米穀店の名物「玄米弁当」が人気の理由って?/肴膳舎(ごちそうや)いけべ/大分市大手町

大分市大手町にある『池辺米穀販売店』のお隣に、11月5日(火)にオープンした『肴膳舎(ごちそうや)いけべ』。夜は居酒屋さんとして家庭料理とお酒がリーズナブルに楽しめるお店が、ランチ営業とお弁当販売も行っていると聞いてやってきたよ。

立派な看板が目印の新築の建物

店内にはレンガ調の壁や暖炉があって、温かみのある雰囲気。オープンしたばかりだというのにお弁当の注文が殺到していて、厨房ではお店の方がせっせと作業に追われていたよ。

入ってすぐ左手には、小上がり席も完備

人気の理由は、以前『池辺米穀販売店』で販売されていた「玄米弁当」が、名前と内容を新たに「日替わり弁当」として販売再開されたからなんだって。店主のお父さんが大好きだった玄米ご飯と『肴膳舎いけべ』のおかずが一緒に楽しめる内容で、価格は450円。それ以外に「おにぎり弁当」350円もあり、どちらも手作りの味わいがリーズナブルに楽しめるよ。

(手前)「日替わり弁当」450円(奥)「おにぎり弁当」350円

ボクは「日替わり弁当」をチョイス。お財布にも優しくって、玄米ご飯を中心におかずの種類も豊富で大満足な内容だつぶ。ハンバーグや魚のフライ、マカロニサラダ、なます、煮物、だし巻き玉子といろんなおかずが入ってるのはうれしいなぁ。

お箸で切れるふんわりとしたハンバーグや、野菜のザクザクした食感が残るタルタルがかかった魚フライ、どれも食べごたえがあって、ご飯が進むつぶ〜。少し塩っ気が効いた玄米ご飯は驚くほどモチモチ! 噛めば噛むほど甘みを感じられるよ。

愛情がこもった手作りのおかずが盛りだくさん

「おにぎり弁当」もしっかりおかずが入っているよ

お弁当と同じメニューは、お店でも「日替わりランチ」600円として味わえるんだって。ご飯は玄米・白米から、大中小のサイズも選べて、ご飯・お味噌汁はおかわり自由! 食後にはコーヒーまで付くんだって。毎日通いたくなるお店だなぁ。

夜は「おにぎりセット」350円や「日替わり夜ごはんセット」750円とお手頃なセットメニューが充実。ちょい飲みセットもあってお酒も楽しめるから、ふらりと仕事帰りに立ち寄りたくなるお店。アットホームな雰囲気の中で楽しめる魅力的なお店がまた1つ増えたつぶ~♪

1人でも入りやすい雰囲気のお店だったよ

肴膳舎(ごちそうや)いけべ
住所:大分市大手町1-3-27
電話:097-507-5267
営業時間:11:30~13:30、17:00~21:00
定休日:土・日曜、祝日
駐車場:なし
HP:https://www.instagram.com/yachi_0527/

② 10月からお弁当の販売をスタート! お味噌汁付きの体に優しいとっておき弁当/椿茶屋(つばきちゃや)/大分市府内町

1軒目に紹介した『肴膳舎(ごちそうや)いけべ』から、遊歩公園通りを渡ってコンパルホールの方へ歩いていくと、お店のドアが開放された『椿茶屋』にたどり着いたよ。

『コンパルホール』の裏通りにあるお店

この看板を目印に、次から次へとお客さんが覗きに来ていたよ

入り口の看板に“しばらくの間、お弁当の販売のみ営業…”という文字を見つけたので中を覗いてみると、テーブルに2種類のお弁当が並んでいるのを発見!

お弁当はテイクアウトのみ※イートイン不可

以前はうどんカフェとして営業していた『椿茶屋』。今はうどんカフェはお休みしていて、10月後半からお弁当の販売を始めたんだそう。店頭に並ぶお弁当は、「幕の内弁当」580円、「9マスヘルシー弁当」550円、「カレーそぼろ弁当」550円の3種類。ここのお弁当はすべてお味噌汁付き! うれしいサービスだよね。この日は「カレーそぼろ弁当」が完売していたので、9マスのお弁当をチョイスしてみたよ

どちらも和のおかずがベースになっているよ

「9マスヘルシー弁当」は、3種類のおにぎりに和風おかずが6種類入っていて、揚げ物が入っていない健康的なお弁当。いんげんの梅肉和え、ひじきの煮物、大豆の甘煮、しらたきのすき焼き風のおかず達と、お肉は照り焼きチキンとミニハンバーグという、お弁当の名前の通りヘルシーな内容。普段揚げ物を選びがちなボクにとっては、体の調子を整えるのにピッタリ!

「9マスヘルシー弁当(味噌汁付き)」550円

おかずを少しずつつまんでご飯とゆっくり味わっていると、どこか懐かしい気持ちになってきたつぶ。温かいお味噌汁をのんで、心も体もポカポカになったつぶ~♪

素材の味を活かしたシンプルな味付けがうれしいなぁ

ワカメたっぷりのお味噌汁で満足度アップ!

お弁当は通常3種類が並ぶ予定で、中でも「幕の内弁当」はその日によっておかずが少しずつ変わるんだって。数量限定で販売しているので、個数が多い時などは事前にお店に電話して予約をお願いしてみてね。
お味噌汁付きの体に優しいお弁当で、ホッと癒されるお昼休みの時間を過ごしちゃおう。

椿茶屋(つばきちゃや)
住所:大分市府内町1-6-29
電話:097-510-5183
営業時間:11:30~※なくなり次第終了
定休日:不定
駐車場:なし

③ 揚げもの好きは必食! 独自の調理法でジューシーな味わいをそのままに/極からあげ鳥匠(とりしょう)府内店/大分市府内町

大分市府内町にある、から揚げ専門店『極みからあげ鳥匠 府内店』にやってきたよ。ここはお昼どきになると、から揚げやチキン南蛮といった揚げものランチや、佐賀関漁港で直接仕入れた鮮魚の海鮮丼(数量限定)などを目当てに、多くの会社員で賑わうんだって。

夜は居酒屋さんとして営業をしているよ

ここもお弁当を販売しているという情報を入手し、早速入店すると、店内はすでに大賑わい。ボクもここのから揚げが大好きだから、通いたくなる理由が分かるなぁ~。ちなみにここの一番人気は、手羽と胸をつなぐ肩の部分のお肉で、1羽から30gしか取れないという希少部位“肩トロ”のから揚げ。肉汁がジュワ〜ッと溢れ出る贅沢な味わいなんだ♪ この日の「日替わり弁当」は、から揚げ南蛮とチキン南蛮のW主演ということで、タルタルメニューに目がないボクは、それを注文することにしたよ。

おひとりさまでも入りやすい明るい店内

10分もせずに揚げたてホカホカのお弁当が出てきたよ。鶏肉と大根の煮物とポテトサラダも入っていて、大満足のボリュームだつぶー!

「日替わり弁当」540円

低温熟成で和風海鮮ダシを浸透させ、調味タレを揉み込んで低温保存するという2段仕込みが特徴のから揚げは、 “ドクターフライ”というフライヤーを使って揚げているんだって。電波振動で調理する鶏肉はふっくら柔らかで、ジューシーなうえにヘルシーなんだって。甘酢にくぐらせたチキン南蛮も、下味がついたから揚げも、たっぷりかかった自家製タルタルソースとの相性抜群だよ。

タルタルソースのお布団がかかっているみたいだね

ご飯を覆っているコロコロと小さめにカットされたとり天は、生姜が効いたしっかりめの味わい。付属のとり天スープ(ポン酢)をかけなくてもご飯が進む~。

大きな鶏肉は一口大にカットされてる! オーナーのやさしさがここにも

「日替わり弁当」の他にも、お弁当・単品メニューが充実しているので、好みのメニューは事前に予約しておけばスムーズに受け取れるよ。その日その日で変わる「日替わり弁当」の内容は、優しいオーナーにぜひ聞いてみて。運が良かったら“肩トロから揚げ”が日替わり弁当でも楽しめるかも!
夜ご飯の一品にも嬉しい、揚げたてのから揚げをぜひTKO(テイクアウト)してみてね〜。

ボクの大好きな「肩トロ」もお弁当と単品で楽しめるみたい!

極からあげ鳥匠(とりしょう)府内店
住所:大分市府内町3-5-17 第一石松ビル1F
電話:097-585-5656
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00
定休日:日曜、祝日
駐車場:なし
HP:https://www.instagram.com/kiwamikaraagetorisyou.funaiten/

おすすめトピックス

ページのトップへ