大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.新装オープン! 市場食堂の太っ腹海鮮グルメ

ボリューム満点の「海鮮丼」。漁師町の心意気がここに!

魚どころ佐伯でも穴場感がある米水津エリア。近辺でお土産を買うなら『ふるさと物産館 海風館』が定番だが、ここのレストランが『市場食堂 日保丸』として生まれ変わった。「漁師町ならではの新鮮な魚を味わってほしい」と、漁師の父を持つ代表の山路美穂さんと母の和香美さんが腕を振るう。佐伯グルメの代名詞である「海鮮丼」1300円た、看板メニュー「日保丸定食」1500円ではアジ、ブリ、モイカ、サザエなどの新鮮な食感をダイレクトに感じられる。

市場食堂 日保丸(にっぽうまる)
住所:佐伯市米水津色利浦1533-7 ふるさと物産館海風館内
電話番号:0972-30-1038
営業時間:11:30~16:00
店休日:水曜
駐車場台数:10台

2.なんとワンコイン! 炭火焼の焼きたてソーセージ

おいしい匂いに吸い寄せられて、焼きたてをその場で…!

耶馬渓の観光名所・青の洞門そばにある、手作りハムとソーセージで評判の『耶馬の森』。こちらでは、九州・大分産の素材を使用した粗びきウインナーや手作りソーセージ、秘伝のスープストックに漬け込んだ手羽先を店先で焼いたものを食べられる。しかも、どれも1本100円というお手頃すぎるプライス。全種類制覇しても、わずか数百円。もちろん店内には、お土産や晩ごはんのおかずに最適な商品もズラリ。寄り道不可避の穴場スポットなのだ。

耶馬の森
住所:中津市本耶馬渓町曽木1618
電話番号:0979-52-3356
営業時間:9:00~19:00(イートインは11:00~17:00)
定休日:水曜
駐車場台数:10台

3.かわいいお菓子屋さんの人気者「くるくるロール」って?

生地が異なるものなど、常時複数のロールケーキ(1本1300円前後)が並ぶ。大山特産の梅と栗を使ったお菓子(1個100円~)もおいしい

日田市大山町の国道212号沿い、かわいいログハウスのようなお菓子屋さん『凪のさくら』。こちらの看板商品は「くるくるロール」と名付けられた、工夫が凝らされたロールケーキ。県外で修業し、帰郷してお店を開いた女性店主の発想豊かなオリジナルロールが評判を呼んでいる。中でも「きなこわらびもちくるくる」は、きなこを混ぜ込んだ生地にわらびもちと黒豆、黒蜜生クリームがたっぷり入った、老若男女をトリコにする逸品。

凪のさくら
住所:日田市大山町西大山3752-1
電話番号:0973-52-3356
営業時間:10:00〜19:00
定休日:不定※月2〜3回、平日休み
駐車場台数:4台

 

5/1~大分県内の書店・コンビニで売ってます

この記事で紹介した3スポットをはじめ、大分県内7つのコースを「誌上旅行」で疑似体験できる月刊「セーノ!」5月号。自宅でおでかけ気分を味わいつつ、来るべきお出掛け解禁日への予習にいそしむ皆さまに、ぜひお役立ていただきたい1冊です。「オレ、コロナとの戦いが終わったらあの娘と結婚するんだ…」などというフラグを、むやみに立てない皆さまにオススメする月刊「セーノ!」。大人が満足できる、おいしい情報たくさん載ってます。

 【雑誌DATA】
月刊「セーノ!」(毎月1日発売)
“ちょっといいもの”を愉しみたい、そんな大人のための月刊情報誌。大分県のうまいものやおでかけ情報が満載。1冊630円+税です。
-----------------------
販売箇所▼
大分県内の書店、コンビニ(一部を除く)
-----------------------
通販サイト:Fujisanマガジンサービス https://www.fujisan.co.jp/product/1281691733/new/

-----------------------

<キーワード>
大分/ドライブ/グルメ/穴場

おすすめトピックス

ページのトップへ