大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.誰かをあっと驚かせる“隠し玉”にしたい店

県産うなぎを使用した「うな丼セット」 980円。1日15食限定につき、お早めに!

場所柄、忙しい仕事の合間や、芝居の開演前に来るお客さんが多く、待たせるわけにいかない。そこで白焼きにした後、蒸して、煮る工程を何度か入れる独自の調理法で、時短と柔らかさを両立させた。身はボリュームがあるのに味が染みわたり、寿司ネタの煮穴子にも似た、口の中でほろりとほどける食感がたまらない。山香米のご飯やタレはおかわり無料など、この夏も採算度外視で営業中だ。

うなぎ専門店 花処(はなどころ)
住所:杵築市杵築418
電話番号:0978-68-8971
営業時間:11:00~14:00
休日:日曜
駐車場:商店街駐車場利用

2.誰しも笑顔にしてくれるパワーの源をお気軽に

「ランチうな丼定食」858円は火~土曜限定。夜の「うなぎ丼」は質、量ともにアップで1815円。

寿司に焼き鳥に鉄板焼きなど、3世代で訪れても皆が満足するメニューがそろう『掬鮨』。驚き価格の「ランチうな丼定食」は、登場から15年。肝吸い、茶わん蒸し、小鉢にデザートまで付く内容がクチコミで評判を呼ぶ人気ランチだ。注文を受け、白焼きのうなぎを47年前の創業時から変わらない、やや甘めのタレに漬けながら香ばしく焼いていく。1000円以下で食べられて、さらに食後のコーヒーまで110円でいただける店主の太っ腹に感謝したい。

掬鮨(きくずし)
住所:大分市萩原1-7-8
電話番号:097-551-3215
営業時間:11:00~14:00/17:00~LO22:00
休日:月曜
駐車場:18台

3.きっぷの良さが売りの店は、かば焼きも大ぶりで肉厚!

「ハーフうな丼」1650円は、お持ち帰り(エール飯)なら、なんと1000円! 2020年のお盆まではこの破格のお値段で提供するそう。

海鮮ものなど魅力溢れるランチが各種用意される割烹料理屋さんで、不動の人気を誇るのが「ハーフうな丼」。身の厚さと柔らかさを追求して仕入れたうなぎを、調理後、完全に冷やすことで味を染みこませ、注文が入るとまた焼いて味を馴染ませるという。ぷっくりとした身は箸でスッと切れるほど柔らかい。趣ある純和風の個室で、気心の知れた仲間や家族と気兼ねなくかき込めるのも、ここならではの贅沢だ。

鈴よし
住所:別府市石垣東9丁目5-32
電話番号:0977-26-1790
営業時間:11:00~13:30/17:00〜21:00
休日:水曜※祝日、祝前日は営業
駐車場:30台

 

7/1~大分県内の書店・コンビニで販売中です

この記事で紹介した3店をはじめ、専門店ならではの味わいに唸る“うなぎの名店”20店をご紹介。うなぎパワーで大分を元気にする月刊「セーノ!」7月号。大人が満足できる、おいしくておトクな情報たくさん載ってます。

 【雑誌DATA】
月刊「セーノ!」(毎月1日発売)
“ちょっといいもの”を愉しみたい、そんな大人のための月刊情報誌。大分県のうまいものやおでかけ情報が満載。1冊630円+税です。
-----------------------
販売箇所▼
大分県内の書店、コンビニ(一部を除く)
-----------------------
通販サイト:Fujisanマガジンサービス https://www.fujisan.co.jp/product/1281691733/new/

-----------------------

<キーワード>
大分県/土用丑の日/グルメ/うなぎ/コスパ

おすすめトピックス

ページのトップへ