大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.湯気まで旨みが香る、味わい濃厚な1杯

「桜王と野菜たっぷりチャンポン」850円。山盛りの具と麺を豪快にすくっていただこう

湯気を立てて運ばれてくるこの1杯、たっぷり盛られた具に目がいくが、まずはスープを味わって。安岐町で育てられたブランド豚「桜王」の濃い旨みに、直売所に届く新鮮野菜の甘みと干しシイタケの風味が濃厚に溶け出したそれが旨くないはずがない。地ダコなどの海鮮も実にいい仕事をしている。山海の恵み豊かな国東のおいしさを満喫できる1杯は、ベーシックなものとゆずごしょうの2種類から味を選ぶこともできる。爽やかにユズが香り、控えめにピリッと効いた辛さがアクセントになるゆずごしょう味をぜひお試しあれ。

里の駅 ふるさと市場R213
住所:国東市安岐町下原2235
電話番号:0978-67-3362
営業時間:9:00〜17:00、食事11:00〜14:00
定休日:なし※年末年始のみ休業
駐車場:50台

2.香りよし、エキスたっぷりな濃密スープ

「すっぽんうどん」単品950円。地元の豆腐や小鉢なども付いた「すっぽんうどん定食」1700円がおすすめ

安心院のすっぽんは全国に誇る地元食材のひとつ。しかし、高価なイメージもあり「実は食べたことがない」という人も多いのでは。そんなすっぽんのエキスが詰まった1杯を、比較的リーズナブルに提供。有り余るほどのコラーゲンが含まれているため、「食べた翌日は化粧のノリが違う!」と、女性の皆さんから好評なのだとか。真偽のほどは実際に味わってみるのが一番。身やエンペラの見た目が少々苦手に感じる方は、すっぽんエキスたっぷりのスープを使いつつ、具なしでさらにお手軽な「すっぽんぽんうどん」700円をどうぞ。

里の駅 小の岩の庄
住所:宇佐市安心院町戸方7-1
電話:0978-34-2224
営業時間:8:30〜17:30、食堂10:00〜ラストオーダー16:00
定休日:なし(年末年始のみ)
駐車場:30台

3.焦がしニンニクが香る豚骨肥後ラーメン

チャーシューが大胆な「いっちゃんラーメン」750円。焦がしニンニクが香ばしい

元関取の琴別府が腕を振るう店では、おいしいラーメンを求めてやってくる多くの人たちで賑わっている。琴別府こと三浦要平さんは現役を引退した後、ラーメン修業をして千葉で独立し10年ほど店を経営。時を経て帰郷し6年前、別府に店を構えた。開店の際に看板メニューとして加えたのが、「いっちゃんラーメン」。スープは豚骨と味噌の2種類から選べ、器からはみ出るくらい大きなチャーシューが載った1杯は見るからに旨そう。見えない麺をお箸で探ってモヤシと頬張ると、濃厚な豚骨スープに香る焦がしニンニクの風味が後を引く。食べ進むうちに、下からワンタンが出てきた。1枚もののチャーシューや隠れワンタンは、「お客さんに感動と驚きを与えたい」という演出で、お店の名物になっているそうだ。

ラーメンいっちゃん 琴別府店
住所:別府市亀川浜田町4-12-58
電話番号:0977-66-2622
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
定休日:火曜
駐車場:11台

月刊「セーノ!」2月号は、あったか麺と巡るドライブ特集


ここで紹介した3件をはじめ、この時期食べたいホットな麺をイベントや温泉、カフェなどの立ち寄りスポットと共に特集した月刊「セーノ!」2月号。誰もあっためてくれないなら、せめておいしいものに癒やされたい…。そんな皆さまに、ぜひお読みいただきたい1冊です。外食するなら絶対失敗したくない! そんな人生のリスクヘッジを怠らない皆さまにオススメする月刊「セーノ!」。大人が満足できる、おいしい情報たくさん載ってます。

 【雑誌DATA】
月刊「セーノ!」(毎月1日発売)
“ちょっといいもの”を愉しみたい、そんな大人のための月刊情報誌。大分県のうまいものやおでかけ情報が満載。1冊630円+税です。
-----------------------
販売箇所▼
大分県内の書店、コンビニ(一部を除く)
-----------------------
通販サイト:Fujisanマガジンサービス https://www.fujisan.co.jp/product/1281691733/new/

-----------------------

<キーワード>
うどん/ラーメン/ちゃんぽん/大分/グルメ

おすすめトピックス

ページのトップへ