大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

国道217号を曲がり、少し細い坂道をおそるおそる下っていくと…左手にお店を発見!

茶色の外観とタヌキの看板が目印です

中へ入ると店主の手島裕輔さんが優しい笑顔で出迎えてくれました。明るい店内を見渡すといたるところにタヌキの置物が!

テーブル席のほか、カウンター席もあります

キュートなタヌキたちがテーブルや壁に飾られています

店名の『ぽんぽこ』はもちろんタヌキが由来。

「タヌキが好き」という手島さん、以前は日出町役場の近くで『貍の輩』という居酒屋を営んでいたため、新しいお店にもタヌキを連想できる言葉を入れたかったのだそう。

早速メニューを拝見!

居酒屋時代に人気のあった単品メニューを残しつつ、新たに軽食や丼メニューを加えてランチでも気軽に利用できるラインアップに。昔からのファンも多いという「明太子入りだし巻き玉子」と、ランチで圧倒的に人気だという「炙りローストビーフ丼温玉のせ」をオーダー。

窓の外を眺めると、木々と畑ののどかな景色。心が和みますね

国道の近くにありながら辺りはとても静か。景色を眺めながらのんびりしていると、お料理が運ばれてきました。

「ローストビーフ丼」1000円はみそ汁と漬物付き

「明太子入りだし巻き玉子」600円

ごはんの上に敷き詰められたローストビーフは一口では嚙み切れないくらいの厚切り! トッピングのトロトロの温泉卵と自家製タルタルを絡めて食べればさらに幸福度上昇! お米は十六穀米か白米を選べますよ。

だし巻きたまごは辛めの明太子でハッキリとした味わい。コレはお酒が飲みたくなる味です!

ほかにも自慢のお料理をお重に詰め込んだ「ぽんぽこ膳」2500円(要予約)もおすすめだそうですよ。

このボリュームで1000円はお値打ち!

海苔が食感のアクセントになっています

「ぽんぽこパフェ」550円

食後には店名を冠したパフェをデザートに。お手製の抹茶プリンにアイスクリームやわらびもちをトッピングした和風のパフェ。ケーキなどのスイーツは栄養士の奥さん、利衣さんの手作りなのだそう。

レジ横のショーケースにはケーキも。テイクアウトもOKです

居酒屋時代に一緒に店を切り盛りしていたお母さんの妙子さんが野菜を作っていることもあり、料理には主に日出町で採れた野菜を使っているそうです。

家族で仲良く切り盛りする『ぽんぽこ』、この居心地の良さは家族の温かさで作りだされているのかなぁ。近場でちょっとリフレッシュしたい、そんな時にピッタリのスポットでした!

「恥ずかしいので…」とマスク姿で写真に応じてくれた皆さん。タヌキの兄弟たちを持ってニッコリ

Dining&Cafe ぽんぽこ
住所:速見郡日出町川崎1876-6
電話:0977-75-6034
営業時間:11:00~15:00(LO14:00)/17:30~21:00(LO20:00)
定休日:火曜、第4月曜
駐車場:6台
HP:https://www.instagram.com/dining_cafe_ponpoko
<キーワード>
ランチ/カフェ/ローストビーフ丼/だし巻き玉子/日出町

おすすめトピックス

ページのトップへ