大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

餃子にハマるきっかけをくれたお店、それが『餃子屋208』。

ふら~っと立ち寄って食べたここの餃子が、まぁどれも美味しくて。それからというもの、同級生や職場の仲間、お世話になっているお客さん…、いろんな人を連れていっては、みんながおいしそうに食べる様子を見て楽しむほど。そういえば、昨年の誕生日にも行ったような…(笑)。

 

そんな『208』に久しぶりに立ち寄ってみると、元気印の糸永店長が「いらっしゃいませー!」と迎えてくれた。相変わらずのハジける笑顔に、仕事の疲れも吹き飛んでしまう。

大分マート内。“営餃中”、“餃子酒場”と書かれた看板が目印

私が座るのは、もっぱらカウンター席。仲間内で行く時は、テーブル席も利用するが、カウンター席だと店長とも会話ができるし、なんだか落ち着くのだ。今宵も迷わずカウンターへと直行した。

今日のお目当ては、いわずもがな“ちょい吞みセット”。というか、これだけ通ってきたにもかかわらず、このお店にもちょい吞みセットがあったことに気付いたのは、つい最近のこと。灯台下暗しってやつかしら? 私としたことが…。

 

ちなみに、『208』のちょい吞みセットはこんな内容。

【ちょい吞みセット】
・生ビール(中)1杯
・鉄板黒豚餃子(5つ)
・ピリ辛きゅうり
・牛すじ煮込み(小)

よりによって、私の好物ばかり(泣)。←

これまで気付かなかった自分をさらに責めてしまいそう…! とはいえ、楽しみなことに変わりはない。待つこと数分。ビールにきゅうり、牛すじ煮込み…そして、アッツアツの餃子が運ばれてきた。

「ちょい吞みセット」1200円

う~ん、最高。これぞ晩酌!これぞちょい吞み!お酒を片手につまみたい料理ベスト5にランクインしそうな3品とキンキンに冷えたビールを前に、テンションは最高潮(ま、一人だから、心の中でバンザイするしかなかったのだけど)。

 

ほんのり辛さを感じるピリ辛きゅうりでエンジンをかけて、

ピリ辛きゅうり。塩昆布が良い仕事をしているの

牛すじがゴロゴロと入った「牛すじ煮込み」で温めてから…、

大好きな牛すじ煮込み

肉汁が溢れ出す羽根つきの「鉄板黒豚餃子」で、エンジン全開!

鉄板黒豚餃子(どっちの角度からでもイケメン♡)

相変わらず、肉感ハンパない…!というか、以前よりも増している気がするのは私だけ? 糸永店長に聞いてみると、「より黒豚の旨みを楽しんでいただけるように、今年の始めに改良を加えました」とのこと。やっぱり!!(ドヤ顔)

“翼(つばさ)”が生えてる~~~

特製餃子のタレにラー油を落として食べるのが好き

自家製の皮に包まれたタネは、ジューシーさはそのままに、肉肉しさが格段にアップしていて、食べごたえ満点だ。これまでの餃子でも十分おいしかったのだが、とどまることを知らない『208』の餃子。

 

エンジン全開なもんだから、他の餃子も食べたくなり、1日限定3食の「博多‼炊き餃子」を頼むもあえなく撃沈…。ならばと、「手羽餃子(2本)」を注文してみた。

「手羽餃子(2本)」454円

手羽に餃子のタネがたっぷりと挟まれて、まんまるとした「手羽餃子」は、ブラックペッパーが効いていて、ビールによく合うこと! レモンをキュッと絞ってから食べると、口当たりがさっぱりとして、何本でもイケてしまう。

スパイシーでお酒が進む味

ものの数分で、2本とも平らげてしまった。次は、水餃子? とも考えたが、明日もあるし、おなかもだいぶ満たされたので、今日はこれにてフィニッシュすることに。

 

創作居酒屋や中華料理店など、さまざまなジャンルのお店で経験を積んできた糸永店長が、自分でお店をやるならと目をつけたのが、当時大分ではまだ数の少なかった“餃子居酒屋”だったのだそう。そうと決めてからは人気店を何軒も食べ歩き、独学で餃子づくりに励み、幾度となく失敗を繰り返しながら、試行錯誤のうえで完成させたのが今の味(それでもなお、理想の味は追求し続けているのだけど)。

餃子は、シンプルだけど奥が深いのだ

ちなみにメニューの中に、酢豚やザーサイといった中華料理が並ぶのは、中華料理店で働いていたなごり。糸永店長の過去の経験もしっかりと生かされた『208』には、その誠実な味わいを求めて、この日もたくさんのお客さんがひっきりなしに訪れていた。

酒好きにはたまらないメニューが並ぶ

閉店間際の様子。この日もやっぱり満席だった

お酒のアテが充実しているので、平日サクッと飲みたい時や0次会にピッタリだし、シメごはんや甘味も揃っているので、とことん飲みたい時にもgood(要は、どんなシーンにも対応した使い勝手の良いお店ってことね)。

糸永店長(この人、めっちゃイイ人!)

大切な人を連れていきたくなるお店には、そう思わせる理由がちゃんとあるんだなぁ、なんてことをしみじみ感じた、今宵の女ひとり酒でした。

 

餃子屋 208(ギョウザヤ ニマルハチ)

住所:大分市中央町1-4-22
電話:097-538-8208
営業時間:18:00~23:00 ※餃子がなくなり次第終了
定休日:日曜
駐車場:なし
HP:https://www.instagram.com/gyozaya208/
<キーワード>
ちょい飲みセット/大分出張/単身赴任/大分観光/飲み会/居酒屋/おひとりさま

おすすめトピックス

ページのトップへ