大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.直売所の中にカフェ!? 2つの顔をもつ『川の駅 宗麟大橋店』(大分市片島)

大分市中心部に、2月18日にオープンした『川の駅 宗麟大橋店』。
比較的交通量の多い大通りに面した『フリッパーズ倶楽部』の1階にあり、駐車場が広いのも嬉しいポイント。大きなグリーンの看板が目印です。

新しい「川の駅」ってどんな空間なんだろう

店内はゆったりとした造りになっていて、入ってすぐ果物ゾーンが。左手にはお手頃価格の野菜がキレイに並べられています。同じ野菜でも、生産者さんごとに色や形も異なるので、何周もまわってじっくり吟味しちゃいます。

可愛らしいポップで彩られた、広々とした店内

最近は東京の催事にも出店し、話題となっている噂の“サンチー”も置いていました。懐かしい!高校の購買で見たことある方も多いのでは?毎週月・水・金・日曜の9時半頃から店頭に並ぶらしいので、早い者勝ちですよ。

長年愛される“サンチー”こと、つるさき食品の「三角チーズパン」150円

他にもパンやまんじゅう、隣接している『豊後辛麺 岩本』の唐揚げも販売していました。これからお弁当や炭火焼き鳥などの取り扱いも増えていくそうです。
揚げたての唐揚げの香りが店内に充満して、お腹が空いてきたなぁ…と思ったら、オシャレなカフェ空間を発見!

ソフトクリームやドリンクをいただきながらホッとひと息

なんでもここ、直売所で購入したパンやお弁当などもイートインできちゃうんだって。唐揚げも温かいうちに食べることができます。コーヒーやスムージーは100円~、生クリームたっぷりのソフトクリーム「北海道ミルク」「特選抹茶」各200円も販売していました。めずらしいカフェ併設の川の駅。野菜を品定めした後は、カフェでひと息つくのも良さそうです。

川の駅 宗麟大橋店
住所:大分市大字片島字川原148番地 『フリッパーズ倶楽部』内
電話:097-574-6627
営業時間:9:00~19:00(土・日曜、祝日~20:00)
定休日:年中無休 ※1/1~1/7は休み
駐車場:共有P利用
HP:https://kawanoekisourin.info/

2.朝早くから大賑わい!旬な野菜に出合える地域の台所『川の駅 松岡』(大分市松岡)

13年目に突入したという「川の駅 松岡」。ここには驚くほどたくさんのお野菜が並びます。私も近くに住んでいた時は、よく通っていました。焼き芋が好きなので、ここでサツマイモの品種をたくさん覚えてしまったほど。それだけ種類が豊富なんです!

サツマイモだけでもこんなに種類があるんですよ!

年間を通して野菜を届ける農家さんもいますが、季節ごとに旬の野菜の入れ替えもあるので、1カ月の間に350~400人の農家さんが行き来する場所になっているそうです。出荷の時間は生産者さんによって違うので、タイミングが合えば欲しかった野菜に出合えるかも。

店内は奥行きがあって、季節の野菜や果物、加工品がたくさん並ぶ

野菜だけでなく、肉や魚、手作りの漬物やおこわなど、生産者さんのぬくもりを感じる商品も並んでいましたよ。巻き寿司や鶏めしも美味しそうでした。お昼ご飯に食べたいなぁ。

こちらではジビエの取り扱いも

混み合う時間帯は10時~11時半とのことですが、取材をしたお昼過ぎでもお客さんがひっきりなしに来て、カゴいっぱいに野菜を買っていました。
お仕事帰りに寄られる方も多いそうで、夕方も賑わうみたいです。

お盆や年末は警備員さんも出動するほどの大盛況!

朝採れた新鮮な野菜を求めて、“朝活”してみてはいかが? 新鮮なお野菜を食べたら、心も体も元気になれそう。

川の駅 松岡
住所:大分市松岡平の迫534-8
電話:097-520-5255
営業時間:9:00~19:00
定休日:年中無休 ※1/1~1/7は休み
駐車場:20台

3.お野菜だけじゃない、通いたくなる理由がそこにある!『川の駅 戸次』(大分市戸次)

駅長の合田さんがいると聞き、「川の駅 戸次」にやってきました。笑顔で迎えてくれた合田さんとスタッフのみなさん。次から次へと買い物に来るお客さん一人ひとりに向かって笑顔でお話されていました。

武石さん(右)平山さん(左)、看板娘の二人とのおしゃべりも楽しい

こちらにも“サンチー”を発見!今まではお昼過ぎても購入できてた「三角チーズパン」も、テレビで放送されてからは午前中のうちに完売するようになってしまったそう。
「川の駅戸次店」では、他にはない冷凍食品の取り扱いもあり、なかでも業務用の冷凍食品が人気だそうです。大勢で集まる時などに利用したいですね。

コロッケやエビフライなどの冷凍食品が充実

「ばっぽ」と呼ばれているこのおまんじゅう。どういう意味か尋ねると、臼杵の稲葉藩の方言や、“蒸す”ことをポルトガル語で「Vapor」と言うことから、そう呼ばれるようになったらしいんです。「おもしろい語源よね~」と合田さんは笑顔で教えてくれました。

「ばっぽ」や「ゆでもち」。おやつにいかが?

「川の駅 戸次」の隣にある工場で毎朝手作りされているオリジナルの餡子が包まれた「ばっぽ」。松岡店・戸次店の2店舗に並ぶそうです。ぜひ召し上がれ!

「ばっぽ」が作られている工場が併設されています

大分市戸次といえば、風味とやわらかさが自慢という「戸次ごぼう」が有名ですが、この戸次店では週末だけ「ごぼまん」の販売もあるそうです。そんな「ごぼまん」や新鮮な野菜を求めて、遠方からわざわざ来る人も多いのだとか。
新鮮な野菜を買いに行くという目的だけでなく、合田さんをはじめ、そこにいるスタッフさんにまた会いたい!そんな気持ちにもさせてくれる素敵なお店でした。

川の駅 戸次
住所:大分市下戸次1538-6
電話:097-597-1557
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休 ※1/1~1/7は休み
駐車場:10台
<キーワード>
安い/野菜/買い物/産直/オトク/お得

おすすめトピックス

ページのトップへ
テキストのコピーはできません。