大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.水行会(1/11(火))/大分市

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名・加藤清正公が建立し、本殿には加藤氏歴代の位牌、宝物殿に清正公の遺品をのこす『法心寺』。当時は、白衣を脱ぎ締め込み姿になった僧侶が、たるに張られた冷水を手おけで頭からかぶり身を清め、1年間の家内安全や交通安全を祈願する。

水行会(すいぎょうえ)
開催日時:2022年1月11日(火)
開催場所:法心寺
住所:大分市鶴崎354
問い合わせ先:097-522-1277(法心寺)

2.漁協直営カキ小屋「美人小屋」オープン(1/12(水)~3/13(日))/中津市

中津のブランドカキ「ひがた美人」を食べることができるカキ小屋が期間限定でオープン。蒸しカキやカキ飯をはじめ、『小祝漁港』で水揚げされた新鮮な魚介類の焼き物や汁物なども販売する。カキ小屋では「ひがた美人」の直売もあり。

漁協直営カキ小屋「美人小屋」オープン
開催日時:2022年1月12日(水)~3月13日(日)11:00~15:00(ラストオーダー14:00)※期間中の水~日曜のみ営業
開催場所:小祝漁港 特設会場
住所:中津市小祝525-10
料金: 有料
問い合わせ先:0979-22-2103(大分県漁業協同組合中津支店※平日9~12時/13~17時)

3.大入島トンド火まつり(2022/1/8(土)・9(日))/大分市

天武天皇の神の井伝説にはじまり、航海の安全を祈って近在の人々が心を込めてたき火をしたのが由来とされる火祭り。竹を中心にわらを巻き付けて作る高さ約15mのトンド(巨大なたいまつ)を燃やす光景は、なんとも神秘的。見物に訪れた人は倒れた火柱から松の枝を拾い、1年間の無病息災を祈る。

大入島トンド火まつり
開催日時:2022年1月15日(土)19:00~
開催場所:大入島中学校グラウンド内
住所: 佐伯市大字久保浦
問い合わせ先:0972-24-8343(大入島地区公民館)
<キーワード>
大分/中津市/佐伯市/水行/牡蠣小屋/海鮮/火祭り/イベント

おすすめトピックス

ページのトップへ