大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.大分に家系ラーメンが続々進出中! /横浜家系ラーメン 高崎家(大分市中央町)

「特製ラーメン」950円。ライスは100円でおかわり自由、卓上の味変アイテムも多彩

お昼時や週末は列を成していることも。時間に余裕をもって出掛けよう

大分の麺フリークが待ちに待っていた存在、”家系ラーメン”。しかもそれが街なかにできるとあって、オープンするやいなや店の前に行列ができるほどの盛況ぶり! とんこつと鶏ガラをじっくりと炊き出し、それを関東のしょう油数種類をブレンド。うま味と奥行き、マイルドさを見事に表現し、家系の基本をしっかり押さえた、“家系インスパイア”の新鋭だ。「家系って何?」という人は、まずはここで食べて体感しよう。

横浜家系ラーメン 高崎家(たかさきや)
住所:大分市中央町1-4-19
電話:097576-8896
営業時間:11:00~23:00
定休日:日曜
駐車場:なし
HP:https://www.instagram.com/iekei_ramen_takasakiya/

2.“鶏塩”でおなじみの人気店が、濃厚豚骨を携え堂々の帰還!! /旨壱商店(大分市中央町)

「特製 濃厚豚骨醤油」850円

移転後は厨房と客席の距離も近くなり、よりアットホームな雰囲気に

大分市森町に店を構えていた『旨壱商店』が、休業期間を終え同市高松東に移転オープンした。以前からの看板メニューといえば国産の鶏がベースの淡麗系「黄金鶏塩」ラーメンだが、今回目覚ましい進化を遂げたのは「濃厚豚骨醤油」。大型の寸胴鍋で豚骨のみを煮込み続けること約48時間、素材にこだわっているからこそ、濃くても最後の一口までうま味が途切れることはない。

旨壱商店(うまいちしょうてん)
住所:大分市高松東3-1-9
電話:097-560-1176
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:30
定休日:月曜※祝日の場合営業、翌日休み
駐車場: 10台
HP:https://www.instagram.com/oita.ramen_umaichihonten/

3.あっさり×コクの複雑な味わいの正体は…?! /麺屋 さいこう(豊後高田市呉崎)

「ラーメン」700円。厚切りの柔らかいチャーシューがのっている

オープンするやいなや、地元の人たちが次々に訪れる

臭みはなく、淡い色味が特徴のスープに一見、あっさり系? と思いつつ啜ると、スープのとろっとした舌触りが残る、インパクトのある味わい。その秘密はゲンコツと背ガラ、背脂をベースにしたスープに、ニボシや昆布、干しシイタケの干物で作られたカエシで味付けをしているから。複雑なコクの記憶に残る味わいのトリコになりそう。ほかシャキシャキのネギがたっぷりの「チャーシュー丼」350円もオススメ!

麺屋 さいこう
住所:豊後高田市呉崎2691-1
電話:080-1716-1737
営業時間:11:00~14:00/17:30~20:00
定休日:水曜※木・土・日曜は夜営業休み
駐車場:11台
HP:https://www.instagram.com/menya3150/

本記事にてご紹介したラーメンを盛り込んだ「シティ情報おおいた」2月号は、1月25日(水)発売。新店のほかに圧倒的支持を集めるとんこつラーメンや個性派ラーメン、並んでまでも食べたい人気店、長年愛されるイニシエ系などバラエティー豊かなラーメン店38軒が登場。ぜひ、大分ラーメンの“今”をチェックしてみてくださいね!

【雑誌DATA】
月刊「シティ情報おおいた」2月号
http://www.cjo.co.jp/
<キーワード>
大分ラーメン/ラーメン/大分グルメ/クーポン/大分市/豊後高田市/とんこつ/家系ラーメン

おすすめトピックス

ページのトップへ