大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

 

大分に移住して7年、独学で日本語を学んだ店主のトリスタンさん。スノーボードが趣味だそうで、日本各地のゲレンデに出向くこともあるんだとか。大学時代の友人から大分県を紹介されて移住し、この春に夢であった『Kitsune-Oita』をオープン。

木目が映える外観に、店主自らデザインしたロゴの看板が目印

店内にはテーブルが4席あり、一人で行っても落ち着く空間。朝は“華やか”、夜は“上品”な空間で、食事を楽しめますよ!

プロジェクターで壁に投影してスポーツ観戦もできるそうですよ!

自慢の自家製ベーグルは生地作りから焼き上げまで、店主自ら丁寧に調理してくれます。ベーグルは毎月種類が変わるんだとか。今回、注文したベーグルは「サーモン、ケーパーズ、クリームチーズとレモン」800円、「ベーコンとクリームチーズ」550円。普段あまり聞かないケーパーは植物のつぼみをピクルスにした香辛料。トッピング次第で、あなただけのオリジナルベーグルを作ることもできるよ!

スレートプレートでベーグルのインスタ映えを狙っちゃおう★

ベーグルのほかには、「イングリッシュマフィン」や「トースト」、「ホットサンド」や「ラップサンド」といったメニューがあり、通う度に注文を変えて楽しむのもいいかも。食後の“別腹”を満たしてくれるデザートもおすすめです。大分市高城にある『けーきやさん 一善』のケーキなどを提供しているそうです。「アフォガード」はバニラ、チョコレート、キャラメル、クッキーの4種類からトッピングを選べます。

 

★テイクアウトで移動しながら食べることができるメニューは次をチェック!

・「ベーグル」400円~

・「イングリッシュマフィン」200円~

・「ホットサンド」550円~

・「ラップサンド」各種700円

・「コーヒー、シェイク、フラッペ」

 

「アボカドトースト+ポーチドエッグ」500円

「ハムとチーズとトマトのホットサンド」600円

上「ティラミス」450円、下「チーズケーキ」350円

4種類のトッピングを選べる「アフォガード」550円

食事と一緒に飲むコーヒーはエスプレッソマシンで淹れる本格的なコーヒー。コーヒー豆は西大分にある『3 Cedars Coffee』のものを使用。オーストラリアではスタンダードメニューの「フラットホワイト」はクリーミーなミルクの甘みとエスプレッソの苦みが絶妙です。ラテアートもしてくれて、見て楽しむこともできるコーヒーだよ。

左「フラットホワイト」、右「カフェオレ」

お酒もたしなめるので仕事終わりの一杯や待ち合わせでも気軽に入れるのはうれしいよね◎芸能人や海外スターもハマっているという、コーヒーカクテルの「エスプレッソ・マティーニ」は店主の一押し。オリーブが入っているのが印象的な、「マティーニ」とは違った甘い味わいがクセになるはず! 大分で味わえるのはここだけなのだとか。

店主が作る「エスプレッソ・マティーニ」1000円

笑顔が素敵な店主のトリスタンさん

暖かくなったら、お店の前にテラスを出す予定だそうです★

モーニングからディナーまで楽しめて、普段何気なく過ごしているブレイクタイムが充実すること間違いなし。あなたのタイミングで行ってみてね。曜日によって営業時間が変わるから事前にチェックを忘れずに!

 

Kitsune-Oita
住所:大分市府内町1-6-12 リモナーデ府内101
電話:なし
営業時間:10:00~18:30/金・土曜、祝日~22:00/日曜9:00~17:00
定休日:月曜
駐車場:なし
【キーワード】
ベーグル/マフィン/トースト/ホットサンド/イングリッシュ/ラップサンド/英語/English/ピクルス/キツネ/ケーパー/ケーパーズ/テイクアウト/持ち帰り/テラス/パン/スレートプレート/コーヒー/インスタ映え/お酒/モーニング/ランチ/ディナー/府内/大分市/カフェ/マティーニ/街中/ベーグルショップ/大分駅/駅チカ/サンサン通り/買い物ついで/落ち着く/照明/雰囲気/新鮮/自家製/手作り/生地作り/焼き上げ/種類/オリジナル/別腹/デザート/一善/シェイク/フラッペ/エスプレッソマシン/本格/ブレンド/フラットホワイト/エスプレッソ/魅力/ラテアート/待ち合わせ/コーヒーカクテル/ブレイクタイム/

おすすめトピックス

ページのトップへ