大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

1.彼の淹れるコーヒーが約束する、3日間だけの豊かな時間/1969’s coffee stand(大分市)

大分市高城駅近くに、週末だけオープンする小さなコーヒースタンドがある。

外のベンチに座って記念に1枚なんていかが? 週末以外のオープンも視野に入れているそう

どこを切り取っても絵になるスタイリッシュさがありながらも、天然木の特徴を生かした温かみの感じられる店内は、なんだか居心地が良い。そんな素敵な空間で味わえるのが、風味の異なる2つの「コーヒー」をはじめとした「カフェラテ」や「ヘーゼルナッツラテ」など7つのドリンク。さらに、コーヒーとともに楽しみたい4種類ほどの焼菓子も。

左から「カフェラテ」430円、「コーヒー(アイス・ホット)」各390円

「ある店で飲んだコーヒーのおいしさに感動して」と一念発起した店主は1からコーヒーの知識を蓄え、金~日曜の3日間だけ特別な時間を提供する。1週間疲れたな…そんな時は彼が淹れる一杯で、頑張った自分にご褒美を。

豆や持ち帰り用のドリップバッグ、オリジナルグッズも販売中

 

1969’s coffee stand

住所:大分市高城本町6−6
電話:なし
営業時間:11:00~19:00
定休日:月~木曜
駐車場:なし

2.別府ストリート散策のおともに/Coffee Stand Stairs(別府市)

別府市元町、新宮通り沿いにある「Coffee Stand Stairs」は、別府散策の際にぜひ立ち寄りたいお店のひとつ。

湯の町に溶け込むお洒落なコーヒースタンド。国籍を問わずふらっと立ち寄れる

コーヒーは1杯400円~。ストローの水色が爽やかで可愛い

1杯1杯丁寧にドリップするコーヒーの他、エスプレッソ系など約10種類が揃い、冬はホットチョコレート、夏はチアシード入りのレモネードなど季節のドリンクも豊富。ワーキングホリデーで“カフェの町”と呼ばれるオーストラリアメルボルンへ行っていたという店主の小石竜徳さん。日々の暮らしのなかにコーヒーがある、そんな生活に影響を受けお店をオープンしたんだとか。

豆は1種類だが、週替わりで産地が変わる。訪れるたびに新たな味を楽しめる

今では地元の方や観光客が、年齢、性別、国籍を問わず訪れる、湯の町に溶け込むお店に。お洒落なカップを片手に隣接するテラス席でゆったり過ごすか、散策のおともに持ち歩くか。ぜひそれぞれの楽しみ方を体験してほしい。

 

Coffee Stand Stairs

住所:別府市元町3-6
電話:なし
営業時間:13:00~21:00、土曜~23:00、日曜~17:30
定休日:月・火曜日
駐車場:なし

3.ショッピング中にひと息…。好みが見つかるコーヒーショップ/ Honey Coffee(別府市)

『アミュプラザおおいた』1Fにある『Honey Coffee』は、おいしいコーヒーの代名詞として浸透しつつある「スペシャルティコーヒー」の専門店。

「水出しアイスコーヒー」300円。カップのロゴも可愛い

豆は社長自らが現地まで買い付けに行き、自社工場で焙煎を行うこだわりっぷり。ホットコーヒーは店内にそろう全12~5種類の豆から好きな銘柄を選ぶことができるよ。「Cup of Excellence」というコーヒー品評会のエルサルバドルで1位を獲得した「ラ・クンブレ」は、トロピカルフルーツのような甘い後口が魅力的。またジャスミンのような香りは、圧倒的な存在感です。

すべての豆の試飲が可能。店員さんの説明を聞きながら味わってみて

コーヒー豆の販売はもちろん、季節に合わせたギフトも充実している

豆は全て自由に試飲可能なので、じっくり自分好みの味わいを探したい人にオススメ。店内販売のコーヒー豆やその季節ごとに変わるギフトは自分へのご褒美にも、大切な人への贈り物にも最適だ。

Honey Coffee

住所:大分市要町1-14 アミュプラザおおいた1F
電話:097-576-8169
営業時間:10:00~20:30、金~日曜、祝日、祝前日~21:00
定休日:アミュプラザおおいたに準ずる
駐車場:JRおおいたシティP利用
<キーワード>
テイクアウト/テイクアウトコーヒー/お持ち帰り/コーヒー/カフェ/コーヒースタンド/アミュプラザおおいた/散策/インスタ映え/大分市

おすすめトピックス

ページのトップへ