大分のおいしいネタ、抽出しました。

ここから本文です。

TOPICS

まとめ記事・動画

真っ白でオシャレな外観が目印!

『アミュプラザおおいた』4階の『TOHOシネマズ』側にある、オシャレな白壁に囲まれた空間。オープンな雰囲気ですが壁の高さもあるため、お店の横を通る人の目もまったく気になりません。テーブル席とカウンター席が配されており、おひとりさまから家族連れまで入店しやすい造りになっていました。

明るくシンプルな店内

メインの辛麺は、「辛麺」「味噌辛麺」「トマト辛麺」の3種類。これをベースに、辛さと麺の種類、トッピングが選べます。辛麺と言えば“こんにゃく麺”ですが、そうは言っても実際はこんにゃくで出来ている訳ではなく、そば粉と小麦粉などで作られ、こんにゃくによく似た食感の麺ということから、そう呼ばれているんだそう。食物繊維を多く含んでいるので、ダイエット中の方にもおすすめです。辛さは0倍から選べて、3倍が市販のキムチと同じ位の辛さなのだとか。自分好みの辛さでオーダーできるのって嬉しいですよね。「辛麺」と「トマト辛麺」、それぞれ辛さ3倍・こんにゃく麺をオーダーしました。

ニラと卵とひき肉たっぷり「辛麺」780円

ほどなくして運ばれてきた器には、ふんわりとした卵にニラとひき肉がたっぷり。ニンニクの香りがただよってきて、食欲をかき立てられます。まずはスープを一口…。豚骨や魚介のエキスが効いた、さっぱりとした鶏ガラベースのスープは、ピリッとした辛さが後を引きます。麺はモチモチッとしていて、旨辛スープとよく合う! そんなに辛くないのに、食べていると体がぽかぽかしてきました。

モチモチッとしたこんにゃく麺は、食べごたえ満点

こちらはたっぷりのトマトが入った「トマト辛麺」。一口啜ってみると、同じ3辛なのに、あまり辛くない! トマトの酸味と旨味が感じられ、まろやかな辛さが口いっぱいに広がります。スープを飲み干したら、器の底からニンニクが4.5個ゴロッと出てきました。トマトのリコピンや、唐辛子のカプサイシン効果も相まって、とっても体に良さそう! どこかイタリアンっぽくもある「トマト辛麺」は、お好みでチーズやバターをトッピングして、味変を楽しむのもオススメです。

真っ赤な「トマト辛麺」は、女性に人気

メニューにあった「石焼チーズ飯」が気になっていたので、追加で注文してみることに。運ばれてきた「石焼チーズ飯」は、香ばしく炙られたチーズの香りがたまりません。「熱々のうちにスープと混ぜて食べてください」とお店の方が教えてくれたので、「トマト辛麺」のスープと混ぜてみると…あら不思議! 洋風リゾットの味わいに。聞くところによると、この「石焼チーズ飯」は、大分限定メニューなのだそうです。大分でしか味わえない特別感満載の一品、ぜひお試しあれ!

チーズがとろ~り。残ったスープも最後まで美味しく食べられる

サイドメニューで人気No.1を誇る「トロトロ豚なんこつ」500円は、名前の通り、口の中でトロっととろける一品。特製のタレでさっぱりといただけます。お得なセットメニューもあるので、辛麺などと一緒に注文してみて下さいね。

1つひとつがゴロッと大きい「トロトロ豚なんこつ」は、セットにもできる

鶏ガラベースのスープに合わせ味噌を加えた「味噌辛麺」は、深みのある“甘み”が特徴の一風変わったアレンジ辛麺です。味噌ラーメンや担々麺ともまた違う新感覚の味わいは、クセになること間違いなし!

今回の調査では、辛麺の美味しさと新しい味変の楽しみ方を発見することができました。トッピングや辛さ調整でいろんなバリエーションが楽しめるので、自分好みの一杯をぜひ見つけてくださいね。

上から「味噌辛麺」、「トマト辛麺」、「辛麺」

辛麺屋 輪 アミュプラザおおいた店 (カラメンヤ リン)
住所:大分市要町1-14 アミュプラザおおいた4F
電話:097-534-7474
営業時間:11:00~22:00(LO21:30)
定休日:なし
駐車場:アミュプラザおおいたP利用
HP:http://hrt-rin.com/

おすすめトピックス

ページのトップへ
テキストのコピーはできません。